チームバイタルエリアのメンバー達(スタジアムで活躍する先輩達)

バイタルエリアの選手達は、試合中何を思い、そしてどう戦っているのか。(注:試合→仕事、入団→入社、監督→社長、と置き換えてお読みください。)

優れたサッカーチームのように全員の活躍によって勝利をつかむ常勝集団

試合中一番大事にしている事は?

  1. 悩むより行動する。
  2. 継続する。
  3. 声を出して伝達し記録する。
  4. スピードと時間を意識する。
  5. 影響力を考える。
  6. 自分の会社であることを意識する。
  7. 現時点でのベストを尽くす。
  8. 常に改善して進歩する。
  9. あきらめない。
  10. チャンスをつかむ努力をする。
  11. ON/OFFの切り替えをきちんと行う。

上記は、バイタルエリアの11の行動指針ですが、私なりの行動指針として№12.視野を広く保つポジショニングを大事にしております。
「どんな業務においてを個人的な主観のみに捉われないこと」、「環境の変化には敏感に対応すること」などを心掛けています。

バイタルエリアってどんなチーム?

私たちバイタルエリアは、単に技術を売りにした会社ではありません。

お客様ととことんコミュニケーションを取ることによりお客様の事業をしっかり理解し、上流システムから保守システムまでの工程を考えられる頭脳を持ち、数人のスタープレーヤーに頼ることなく、チームの力で結果を出すことにこだわる組織力があります。
例えるなら、優れたサッカーチームのように全員の活躍によって勝利をつかむ常勝集団。
また、社員一人一人の個性を伸ばせる血の通った会社です。
※どんな個性にも対応可能な柔軟性も持ち合せています。

野間 憲

個々の能力を高めること、コミュニケーションをとることでスキのないチームに

試合中一番大事にしている事は?

視野を広く持ち、他の人が今何をしているのか?
それを把握した上で自分に与えられた仕事終わらせ、
他の人の仕事を手伝えるようにしています。
それにより効率よく仕事が進むようにしたいからです。

バイタルエリアってどんなチーム?

コミュニケーションが多く、プレーがしやすいチームだと思います。
ただまだまだ未完成のチームだとも思います。ですが上田監督のもと、個々の能力を高めること、コミュニケーションをとることで、チームとしての連携が取れるようになり、スキのないチームになると思います。

芹澤 宜保

周りの選手と連携する事により、100点以上の試合ができる

試合中一番大事にしている事は?

周りの人たちとの連携です。何かあったら相談や確認を行い、情報を共有し、お互い協力して仕事を進めるように心がけています。社長もすぐ近くでアドバイスしてくださいますので、社員だけでなく社長との連携も取りやすい環境です。社長が良く私達に『仕事は90点じゃダメだ。100点じゃないと意味がない。』とおっしゃいます。1人の力で常に100点を出すのは難しいですが、周りの人たちと連携する事により、100点以上の仕事が出来ると思っています。

バイタルエリアってどんなチーム?

とてもアットホームで若い社員が多く、活気溢れた職場です。
社長もすぐ近くで仕事をしているので、すぐに相談できます。
仕事だけではなくプライベートの面でも気にかけてくださるので、本当に心強いです。
また少人数という事もあり、自分の意見も言いやすいですし、社員同士のコミュニケーションも密に行われ、意見交換も頻繁に行われています。
自分の意見がすぐに仕事に反映される喜びを感じる事ができる職場でもあります。

笠貫 澄